fc2ブログ

いま企業に求められている人材とは

…何なんでしょうね。
資格?年齢?はたまたルックスなのか?どうにも便宜上決められた基準、という域をでていないような気がしてます。もはや慢性化の一途をたどる就職氷河期です。企業も正社員として雇う人数を絞り込んでいかないと立ち行かない現状、どうしても正社員の地位にありつけない難民が出てきます。こうなるともはや宝くじです。運試しのレベルです。

 ではこの氷河期、しばらく耐えしのげばいずれは過ぎ去ってくれるものなのか?未来がどうなるかはわかりません、が、今の価値観を変えずに耐えて、耐えて、耐えしのぐだけでは危険であると私は考えます。
 時代は今、変化の過渡期にある、そう考えるべきだと思います。恐らく変化の兆しはリーマンショックの更に前、バブル崩壊、いや、バブル絶頂期にすでにあったのではないでしょうか。あの時代がじつは異常でいまようやく自然な状態に戻ったと解釈したほうが無理がなくていい気がします。

 絶頂期に浮かれて今のような状態になった時の備えを全くしてこなかったのは政府の責任ですが、いまさらそれを責めるつもりは私にはありません。新しい時代に合わせた、新しい労働の価値観が必要である、と私は考えます。
 まず企業の正社員(いわゆるサラリーマン)、これは多様化した労働スタイルの1形態にすぎないと認識すべきです。皆が皆目指さなければいけない道では決してありません。

 これから就職活動に臨む新卒の方、はたまた仕事にあぶれた就職浪人の方、あるいは無職、ニートの方、周囲に惑わされず、自分を見つめなおし、改めて自分が本当は何をしたいのかを考えて見てはどうでしょうか?
 
スポンサーサイト



お久しぶり!

 …しばらくブログをサボっていましたがまた再開したいと思います。その間ずいぶんと色々なことがおこりましたね…大地震に津波、福島の原発の爆発事故に放射能漏れと”東北関東大震災”とひと括りにするにはあまりにも一つ一つの出来事が重過ぎます…。

 被害に遭われた方々にはこの場を借りて謹んでお見舞いを申し上げます。

 被害の規模を考えれば仕方ない部分もありますが、二次的な被害として放射能の風評被害や各イベントやCMなどの自粛、ACのぽぽぽぽ~ん(笑)などもありますね。
 ちなみにこの震災で私(神奈川県在住)がこうむった被害は、電車が止まったことによる足止め、それが原因の一週間の休校、それが原因の一日の授業時間の延長(6時間→8時間)と幸いあんまり大したことはありません。8時間授業は結構キツイですけどね。

 では今回の震災で重大な被害をこうむった方と被害をまぬがれた方、この差を決定付けたものは何でしょうか?答えはご存知のとおりです。”何も”ありません。

 私はこれをとても恐ろしく思います。

 個人個人が行った努力や投資とは無関係に震災は人々を襲いました。乱暴な言い方ですが、”偶然”私は難を逃れ、”偶然”被害者の方は重大な損失をこうむったのです。

 改めて文字にすると当たり前のことですが努力と投資がゆくゆくは自分の利益になる(最近はあやしいところもありますが…)人間の社会の論理は天然自然には通用しません。人間にとって大震災でも地球レベルで言えばちょっとした地下プレートの移動に過ぎないのですから。

 環境問題が叫ばれるようになってから長らく自然は私たちにとって守るべき対象でした。いわば”上から目線”だったわけですが、これからは”恐るべき隣人”という認識にシフトしていくのでは、と思います。それでどうなるのか、と聞かれればすみません、私には全く予想がつきません。

超寒いですが…

花粉は舞っているので間違いなく春でしょう(涙笑)
あ、話は変わりますが職業訓練も早2ヶ月目。折り返し地点です。現在これまで学んだスキルを駆使してのホームページ作成にとりかかっております。ただし、これまでの遊び半分のものではなく、より実践的な収益が見込めることを意識したホームページです。
 実はいまここで引っかかってます。
これまでも楽ではありませんでしたが、いかに破綻無くホームページの体裁を構築するかに注力すればよかったのでそういった意味では楽でした。今回はこれまでとは明らかに異質です。どうすれば不特定多数のユーザーの注目を集めるホームページを作れるのか、それすなわち、どれだけ魅力的なコンテンツをホームページに仕込めるか、ということが求められているのです。お分かりの通り、これは単純な技術の問題ではありません。作り手の真価たる”センス”が問われているのです。
 とりあえず設計→構築を経た現時点の私のサイトの自己評価は

最悪Death(泣)

まだとても人様に見せられる代物ではないのでリンクは貼りません。悪しからず。

そんなに重要か?

…という疑問が朝の寝ぼけた頭にすら浮かびました。
何がって、今話題の例の奴です。京大ケータイカンニング事件(勝手に命名)
 ご存知の通りリビアでは内乱が泥沼化し、ニュージーランドでは生存者の捜索の打ち切りが決定したそうです。それら重要度【特大】のニュースを差し置いてここ連日テレビのニュース主にを賑わせているのはこの京大ケータイカンニング事件というワケです。
 幸いにして犯人は見つかったそうです。そして何か意味のわからない罪をこじつけられて逮捕(!?)されたようです。
 不正は確かにいけないことだと思います。でも犯人のしたことに対し、マスコミも警察も大学も明らかに過剰反応しすぎです。花粉症じゃあるまいし。
 なぜそうなったのか。おそらく原因は犯人インターネットサービスを利用したからではないかと私は邪推します。どうもマスコミ(というかTV)はインターネットを敵視している節があります。
この事件がインターネットを利用したものなので大々的に報道してネットのイメージダウンをはかろうとしているのでは?考えすぎでしょうか?考えすぎですね。これ以上は危険なのでこの推測はやめますが、多くの人々がインターネットに対し潜在的にアレルギーを感じているのは事実です(身近な例として俺の母、そしてWebデザイナーを目指す俺ですら感じています 泣)それが表面化したのが今回の過熱報道ではないでしょうか。

 あくまで推測です。悪しからず。いけないこととは知りつつも犯人に同情してしまう…

3月

…ですが冬に逆戻りな感じですねぇ…ところで最近の講義で知ったのですが、私たちがインターネット閲覧の際に当たり前のように使っているインターネットブラウザ(Internet Exploreとかその類です)、どうやらホームページを作る機能があるようです。具体的にはメモ帳などのテキスト入力用ソフトでHtmlなどの文字列を打ち込んでそれをファイル名.htmlで保存するというやり方です。これをブラウザで開くと入力内容が反映されたページが表示されるのです。
 今更何言ってんだと思われた方、俺はまだそんなレベルなのですよ(笑泣)
 以前まではHomepage Builderというソフトを使っていたので画面に画像やテキストなどを直接切った貼ったするだけでホームページを作れていたつもりになっていたのです。が、実は俺の切った貼った工程の水面下ではHomepage BuilderのプログラムがHtmlなどの言語を自動で組み上げてページの体裁をつくり上げていたのです。
 まるで政治家と官僚の関係に似ていますね。どうやら俺の勘違いと昨今の政治の迷走は根を同じくしているようです。
 と、少々脱線しましたがこれからはホームページをHomepageBuilderに頼らずに作ろうということなのです。けして楽ではありませんが脱官僚は官僚の仕事をよく知ることから始めなくては(笑)
プロフィール

daigorou7776

Author:daigorou7776
元ニートのお兄さん大五郎でっす(^q^)/
現在職業訓練中。日常もそうですが、訓練の内容等もちょくちょく語っていきたいと思ってます。
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる